2004年12月24日

忘年会

昨日は、四谷の某焼肉店で忘年会(と、いっても4人でなのですが・・)

女性4人で、頼んだ焼肉は17皿!

そして、サンチェ・キムチ・オイキムチ・ナムル・冷麺・カルビスープetc…

食べた量にも、お会計にもビックリでした。。



elfrente at 14:56|PermalinkTrackBack(1)ひとりごと 

2004年12月23日

皆さまの善意を・・

私の友人の甥っ子さんの小学校6年生の佐藤節君が、心臓の病気と診断されたのは、1月のことでした。

友人は、節君のお父さんの実姉なので、幼い二人の妹さんをTDLに連れて行ったりした話を聞いてはいたのですが、まさかこの病気がこんなに重いものだとは、思ってもいませんでした。

節君は、「拡張型心筋症」という病気で、3月下旬に補助人工心臓を装着する手術を受け、治療を続けていますが、移植が必要な状態になってしまいました。

日本では、15歳未満の臓器提供が認められていないために、コロラド州のデンバー小児病院での手術をすることになったのです。

手術には、保証金4000万と、渡航費、治療費、滞在費などで総額8千万円が必要となります。

『たかしくんを救う会』が発足され、新橋駅などでの募金活動が始まりました。

22日の新聞で、掲載されてのをご覧になった方もいらっしゃるのでは、ないでしょうか。

このブログをご覧いただいている皆様の暖かい善意を…

どうぞご協力をお願いします。

ブログやHPをお持ちの方で、下記をリンクくださる方も大歓迎です。

振込先口座名「たかしくんを救う会」

三井住友 福生支店 (普)7397979

西東京農協 藤橋支店(普)3047873

青梅信金 青梅東支店(普)0703685

中央労金 西多摩支店(普)1523508

郵便局 10000−97085181

問い合わせは「たかしくんを救う会事務局」9〜4時
0428−32−8250


『たかしくんを救う会』

2004年12月17日

新しい天然石のお店

私のお気に入りのお店の姉妹店が、近くに出来ました。

経営者が、お友達だとかで、仕入れが共同で行われているのだそうです。

さほど、混んでもいなかったので、ローズクオーツとロードナイトの石を選んで、その場で手作りブレスレットを作りました。

リリアンみたいな紐での結び方を、お店の方に教えていただいて、かわいい仕上がりで大満足!

オーナーの奥様は、3ヶ月修行して、天然石についてお勉強されたのだそうです。

本店は、石のほかにもアロマも扱ってるんですが、こちらは当分はその余裕はなさそう。。

でも、週1位で通うことになりそうな…散財の予感です。

elfrente at 10:40|PermalinkTrackBack(0)パワーストーン 

2004年12月13日

雑誌の取材

今日、勤務先に雑誌の取材が来ました。

アロマのオイルマッサージでダイエットの特集で、
実際に、結果の出ているお客様2名にモデルで
登場していただいたのです。

実際に、オイルのブレンドをしたり、自分でマッサージを
する様子を撮影しました。

お店が、もともと小さいので、記者さん、カメラマンさん、
出版社の方とお客様とかで、店内大混雑でした。

慌しくて、大変ですが、なんとなくワクワクしますよね〜。



elfrente at 00:34|PermalinkTrackBack(0)今日の出来事 

2004年12月10日

TDL

TDLに行ってきます。

6人で行くんだけど、一緒に行く人が懸賞で、ホテルミラコスタとTDLのパスポートが当たったとかで、実際に当たる人も居るんだなぁと、ビックリ!

招待組は、チケットが2時からしか入れないらしくて、私たちも同時刻にインパするから、アトラクション・・乗れるのかちょっと心配。。

ミラコスタか、アンバサダ−に1度は泊まってみたいけど、宿泊するにはあまりにも高額だし、家も近いし・・それこそ、懸賞で当たりでもしないと泊まることもないんだろうな。




elfrente at 00:36|PermalinkTrackBack(0)ひとりごと 

2004年12月09日

タイマッサージ

今日は(日付が変わってしまいましたが)久しぶりに父にタイマッサージをしました。

数年前に脳腫瘍の手術をした父ですが、術後から考えられないほど回復し、元気に一人暮らしをしています。

一時期は、浮腫で四肢がパンパンになって歩行も難しかったのですが、足もみをして、全身の硬縮した筋肉を緩めるケアに徹したところ、目を見張る回復をしました。

当時は、足もみの時等も、痛くても我慢していましたが、最近は注文が多くて困ります。

其処はいいから、此処を揉んでくれだの、もっと優しくだの・・

と、いうわけで最近父は『タイマッサージ』がお気に入りです。

アクロバティックなことは、あまりせずストレッチと指圧をベースに行うので、心地良いみたいです。

あ〜、誰か私にもしてくれないかなぁ。。


elfrente at 00:29|PermalinkTrackBack(0)タイマッサージ 

2004年12月06日

フラワーエッセンス その2

今、フラワーエッセンスは世界各地で作られていますが、2番目に歴史があるのは
マスターズフラワーエッセンスです。

このエッセンスは、野菜や果物の花のエネルギーのエッセンスなので比較的に、馴染みやすく、私はバッチも、好きなのですが、最近マスターズもお気に入りで愛用しています。

我が家では、老猫レナちゃんが、チビがやってきてストレスで大変だったのですが、ラズベリーを与えたところ、チビを受け入れられるようになりました。

チビは、とても甘えん坊なのですが、私の帰宅が遅かったりすると拗ねて困っていましたが、グレープを与えた事によって状態が改善しました。

私の場合、仕事柄トマトやラズベリーのエッセンスにお世話になるときがあります。


マスターズフラワーエッセンス



2004年12月05日

フラワーエッセンスセラピー

台風の影響で、電車は各駅停車で、しかも、停車時間が長いので、案の定、仕事は大幅に遅刻してしまいました。

前日に、自分の不注意で、チビを怪我させてしまったこともあって、なんだか得体の知れぬ不安に苛まれてしまいました。

病は気から…と言うように、心が不安になったり不安定だと、普段対処が簡単に出きることが出来ないことってありませんか?

こんな時、役に立つのが野生の花を用いた『フラワー・レメディ(エッセンス)』です。

イギリスの医師であり、細菌学者でもある「エドワード・バッチ博士」がこの療法を確立しました。

バッチ博士は、花の持つエネルギーが、人のマイナスの感情をやわらげ、ポジティブに変えていく力があることを発見したのです。博士の願いは、医学教育を受けていない一般の人でも、実践できるようにしたいということでした。

用いるフラワー・レメディは、自生する植物や樹木の花から作られ、有害であったり、常用癖をもたらすことは、ありません。これらは、直接身体の病気に対してではなく、悩み、恐れ、怒り、不安といった心の状態や、気分に応じて処方されます。

悩みや恐怖の状態が続くと、体力の消耗が、起こります。そして、本来身体に備わった、病気に対する抵抗力も失われ、感染症や疾患に転じやすくなります。

バッチ博士は「治療が必要なのは、病気ではなく病んだ人々の心)だ」と、植物のもつ癒しのエネルギーに着目し、この療法を確立したのです。


バッチ フラワー レメディ

ホントなら・・

とっくに家を出ている時刻なんですが・・
強風で、電車のダイヤは乱れています。

なんとか、運転は再開したようですが職場にちゃんと行けるかな。
それでは、行ってきまーす。

elfrente at 08:15|PermalinkTrackBack(0)ひとりごと