2008年06月29日

愛されて売る

fc23b76d.jpg47361509.jpg

トレンダースのモニターに当選して、阪急コミュニケーションズ出版の愛されて売る 魅せる販売術をいだきました。

著者の美月あきこさんは、元国際線のキャビンアテンダントです。

販売経験がなかった美月さんは、ひょんなことから使用期限半年の1個2000ドルもする高額化粧品を売ることになり、半年で在庫500個を完売したんですって。

その経験を元にして、独自の「物売り」を構築して、現在は人材育成コンサルタントとして活躍するかたわら米国公認会計士としてカリフォルニアで会計事務所を運営されているそうです!!


美人だし・・

スッチーだし・・

美月さんだからできたのでは??


誰もが、そんな風に思ってしまうかもしれませんが、美月さんは、おっしゃいます。

成功するしないは、その人が選ぶ方法や方向性、考え方にかかってくる

実は、成功の鍵は誰もが持っていて、自分で開けることが出来るっていうことなんです。

もちろん、努力は必要だし、ただボーっと不労所得を得られるなんて甘い話ではないですよ。

私は、販売を仕事にしてはいませんが「うんうん、そーなのよ!!」と共感する箇所がたくさんありました。



そして、興味深かったのは「魅せる」テクニック!!

第2章 魅せる販売術―キャビンアテンダント編―

CAは「美人で頭がよい」代表という感じで、異性にも人気が高く、いい暮らしをしているな〜んてイメージがありますが、実はCAだって普通の女性だということ。

その実・・乾燥した狭い機内は美容環境としてはよくありません。

無理難題をふっかけるマナーの悪いお客さんもいるだろうし、ストレスだってかかってるんじゃないかと思います。

それでも、イキイキと颯爽と機内を歩く姿は、かっこいいですよね。

その秘密・・というか理由は、彼女たちは暗い機内照明の中でいかにキレイに見せるかを熟知し、どうすれば実際以上に美しく見えるかを知り尽くしているのだそうです。

女性同士の職場ですから、ともすれば足をひっぱりあう事だってなきにしもあらず。

厳しい女性の目にもさらされているからこそ、自分自身を上手に演出する達人となっていくんですね。

テクニックを知っておけば、人に錯覚を起こさせ「本当の美人」にならずとも「美人ふう」は目指せるっていうことです。

魅力的に見えるってことは、営業に限らず、友人に対しても、恋人に対しても、出会う人すべてにプラスですよね。

もし一緒に遊んでる友人が暗い顔していたら、そりゃぁ、気分がいいわけないですもの。

「天使な自分」を表情に出すっていうのは、目から鱗でした。

笑顔には段階があるということ。

作り笑顔って、「悪」のように思っていたけれど、そうではないんだってこと。

確かに笑っていたら、本当に気持ちも前向きになれる気がします。


そっか〜。

そーだよなぁって、頷きながら一気に読んでしまいましたよ。

顔の造作は、いまさら仕方ありませんけど・・。

今日から、美人ふうを目指して、少しでもチャーミングな女性に近づけたらいいなぁって、思わせられた1冊でした。

elfrente at 10:00│TrackBack(0)モニター | レビュー

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by みゆき   2008年06月28日 19:05
『どうせ同じ1日を過ごすなら笑って過ごしましょう』と、敬愛するJ君が言っていました。
その通りだと思います。
2. Posted by みるくん   2008年06月28日 22:28
私も読みました。
「私はスッチーよ!フン」的なイヤらしさがなく、
まるで男の人のような視点で描かれているのが面白かったです。
3. Posted by Mika@携帯   2008年06月28日 23:52
>みゆきさん

あ、仁クンですね!
私も笑顔で過ごしたいです。

>みるくん

男性的な視点…なるほど!

確かにそうかもしれません。