2016年05月01日

KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR "10Ks" in Tokyo最終日

image


ついに終わってしまいました。

image


KAT-TUN LIVE。

今、帰りの電車です。

今からしばらく充電となりグループとしての活動休止となります。

脱力感で、思考が停止しています。

image


私は東京公演3日のうち参加したのは初日と今日。

初日の座席は、ハイフン歴10年の中で一番良い席でした。

メインステージもセンターステージも肉眼で見え、花道も近く特効の水しぶぎが飛んでくる、炎が熱く、花火の火薬にむせる席でした。

今日は2階のスタンド。

演出全体がよく見えました。

今回のツアーは、KAT-TUNの10年間を振り返るもの。

オープニングは、GOLD〜REAL FACE。

懐かしい楽曲が続きます。

曲を振り返っていくと、その時代を思い出して胸が熱くなりました。

パート分けも全部変わっていて、メンバーもきっと大変だっただろうなぁと思います。

D motionは、仁くんが歌ってたパートをじゅんのが自分でアレンジして詞をつけて歌っていたんだけど、今回はオリジナルに戻っていたり、涙無くしては見られない公演でした。

この10年、色々なことがありました。

その度に乗り越えて来たけれど、やっぱり想いは変わりません。

最終日とあって、Wアンコの後も誰も席を離れず、トリプルアンコール。

image


バクステでメンバーが相談して急遽REAL FACE。

それでも、ファンのもう一曲の声に、舞台の上で3人で協議。

オーラスはPEACEFUL DAYとなりました。

live中に号泣していたファンも最後は笑顔でメンバーを見送りました。

充電期間を竜ちゃんは「戦い」と表現していました。

アンコールで披露してくれたピアノは、とても素敵だったよ。

最後の最後に、ドームを一周走るその体力と優しさに感動しました。

ゆっちは、会場の号泣しているファンの心をホッコリさせてくれました。

ボイパも最高だったよ。

亀ちゃんは、「KAT-TUN 亀梨和也」の自覚と責任をもったプロフェッショナル。

頼もしい末っ子です。

でも、時々暴走する可愛い所が大好きです。

戦いが終わって、大きくなって帰ってくるのを楽しみにしています。

image


ハイフンも充電して待ってるからね。

elfrente at 21:30│KAT-TUN | LIVE、舞台